大人気のタイ・バンコク満喫ツアー観光ダイジェスト

世界中からの旅行者が集まるタイの首都バンコク。高層ビルが林立する大都会であり、アジア随一のエキサイティングな都市となっております。タイ料理、アジアン雑貨、寺院巡り、マーケット、ムエタイ、美容。楽しむ事や物価の安さに驚き、無限大の楽しさがある為、日本人も住む方が大変増えております。そこで今回はタイ、バンコクの良さを集めてみたので紹介させて頂こうと思います。

 

スポンサーリンク

ワット・プラケオ&王宮

 

悠々の歴史を物語る王宮文化に触れる

1.場所 フアランポーン駅から車で20分

2.時間 8時30分〜16時(チケットは15時30分)休みなし

3.料金 500バーツ

広さが21万8000m2を誇る王宮には、歴代の国王が増改築した壮麗な宮殿が立ち並ぶ。その中心となっているのがワット・プラケオです。ワット・プラケオは王宮内にある王室専用の寺院です。本堂には翡翠で作られた「エメラルド寺院」とも呼ばれています。回廊に囲まれた敷地内は本堂や多くの仏塔、仏堂があり見所が盛り沢山となっております。

水上マーケット

物売りの声が響く運河の市場

1.場所 バンコクから車で1時間30分

2.時間 5時〜12時(休みなし)

 

ダヌムン・サドゥアック水上マーケットは定番の人気スポットです。かつて多くの運河が街を走り「水の都」と謳われていました。バンコクでは食料品、日用品を積んだ舟が運河に集まり商いを営んでいました。

そんな面影を残す水上マーケットがダヌムン・サドゥアック運河にあり、今でも活気あふれる売り買いの様子が見られております。マーケットは早朝から始まり、昼には終わってしまうので早めに行くのをオススメします。個人で行くより、各旅行会社が組んでいるツアーに参加するのがここは便利だと思います。

セントラル・ワールド

この投稿をInstagramで見る

世界最大級のデジタルサイネージは抜群の迫力。

Naoya 東南アジア写真家(@naoya_bkk)がシェアした投稿 -

 

タイ最大のショッピングセンター

1.場所 BTSチットロム駅から徒歩5分

2.時間 10時〜22時(一部店舗が異なります)休みなし

3.住所 999/9 Rama 1Rd 電話0-2640-7000

 

サイアム・スクエア近くにあるタイを代表する巨大ショッピングセンター、セントラル・ワールド。売り場面積は55万m2あり、7つに分けられたフロアには500店のショップ、50の飲食店、2つの百貨店が存在します。また、映画館やコンベンションセンターが併設されております。お土産をまとめて探すのにはまさにピッタリな場所です。

ナイトマーケット

この投稿をInstagramで見る

#onnutnightmarket #bangkok #sushianddaquiritime

rosiemuddle(@rosiemuddle)がシェアした投稿 -

キュートなアイテムが勢揃い

1.場所 BTSオンヌット駅から徒歩すぐ

2.時間 17時〜23時(店によって異なる)休みなし

3.Soi79~81 Sukhumvit Rd.

 

女性物の商品のみを扱うマーケット。ウエアだけでなく、パンプスからサンダルまで揃う靴。カバン、アクセサリー、小物と言ったのが安くで手に入るマーケットです。広すぎない為じっくり回れるちょうどいい市場の大きさです。屋台や飲食コーナーで休憩する事もできるのでいっぱい回る事ができます。BTS駅に隣接しているのでアクセスの便利も良い。

ワット・ポー

 

王宮周辺の人気場所

1.場所 ワットプラケオから徒歩15分

2.時間 8時30〜16時30分(休みなし)

3.料金 100バーツ

 

アユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院。別名「涅槃寺」とも言われております。体長が46mの黄金の大寝釈迦仏が祭られています。タイ古式マッサージの学校もありマッサージを受ける事もできます。

ワット・アルン

 

チャオプラヤー川西岸にある暁の寺

1.場所 テイアン船着場から専用渡し船で3分

2.時間 8時30分〜17時30分(休みなし)

3.料金 50バーツ

 

「暁の寺」として有名なワット・アルンは、この地に王朝を築いたタクシン王ゆかりの寺院。チャオプラヤー川の川沿いに立つ壮麗な姿。バンコクを象徴する絶景を見て下さい。

ワット・スタット

この投稿をInstagramで見る

#ワットスタット#watsuthat#วัดสุทัศนเทพวราราม 🇹🇭 鮮やかな壁がとっても綺麗。

anko(@ver2_anko)がシェアした投稿 -

 

王宮周辺で1番と言われる仏

1.場所 フアランポーン駅から車で15分

2.時間 8時〜16時(本堂のみ〜21時)休みなし

3.料金 20バーツ

 

1807年にラマ1世が建立を命じた王宮寺院。バンコクで美しいと言われるサッカナムニー仏の他に、本堂に安置された本尊、壁画、巨大ブランコなど見所が多いです。

ワット・サケート

この投稿をInstagramで見る

黄金の寺院✨ ワット・サケート ・ ・ 青空と共に間近に眺める黄金の仏塔が好きで アイコン写真にもしているこのお寺ですが ・ ・ 沈みゆく夕陽と共に眺めた “黄金の丘”は ただただ美しくて 立ち尽くしました。 ・ ・ いろいろ不安な今日この頃。 心がモヤモヤ、ゾワゾワする週末だったけど、 この景色を見て吹き飛びました! ・ ・ 今週も穏やかに過ごせますように🙏 ・ ・ ・ #ワットサケート #ワットサケット #黄金の寺 #プーカオトン #夕景 #夕日 #バンコク夕景 #美しい #バンコク生活 #watsaket #temple #sunset #sunsetshots #justbeautiful #beautiful #bangkoksky #bangkoklife

Junko(@seefaabkk)がシェアした投稿 -

王宮周辺で最も素晴らしい景色が見れる場所

1.場所 フアランボーン駅から車で15分

2.時間 7時30分〜17時30分(休みなし)

3.料金 無料

 

ワット・サケートの大仏塔はアユタヤにあった黄金の丘を再現した人口の丘の上に立ちます。高さ約90m、周囲約500mと大規模となっております。318段の階段を登った丘の上からの眺めは素晴らしいです。

国立博物館

この投稿をInstagramで見る

National Museum Bangkok . . . #nationalmuseumbangkok #nationalmuseum #bangkok #temple #buddha #buddhism #traveling #vacation #thailand

Miyuki(@miyuki_kazami)がシェアした投稿 -

 

王宮周辺の国宝級の仏像

1.場所 ワットプラケオから徒歩10分

2.時間 9時〜16時(入場は15じまで) 月・火・祝日がお休み

3.料金 200バーツ

 

タイ国内で最も充実した仏像のコレクションを持ちます。仏像は年代順に並び、様式の変遷が見られます。別棟の仏堂にあるブッタシン仏は「瞑想するブッダ」と呼ばれる国宝級の仏像です。

カリプソ・キャバレー

 

セクシーで派手なキャバレーショー

1.場所 BTDサパーンタクシン駅から車で10分、アジアティーク・ザ・リバーフロント内

2.時間 20時15分〜。 21時45分〜の2回(所要各役1時間15分)休みなし

3.料金 1200バー

 

タイの「夜の華」と言えばニューハーフの美女達。キャバレーでは趣向を凝らしてショーが連夜繰り広げられ、盛り上がりを見せています。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

この投稿をInstagramで見る

2016.07.29 🇹🇭 #thai #bangkok #chatuchakweekendmarket

@ lovi_919がシェアした投稿 -

バンコク郊外で開かれる超巨大激安マーケット

1.場所 BTSモーチット駅から徒歩3分、カンペーンペット駅から徒歩1分。

2.住所 Phajlyotin Rd. 電話0-2272-4440(総合案内)

3.開店時間 土・日 8時頃〜18時頃(店により異なる)月〜金曜は休み

 

毎週末、バンコク郊外で行われる「超巨大激安マーケット」。人々で溢れており、敷地には雑貨、アクセサリー、ファッション、食器などの店がありジャンルごとに別れて販売しております。

ラチャダムヌン・ボクシング・スタジアム


 

タイの国技ムエタイ

1.場所 BTSラチャテーウィー駅から東に15分

2.住所 1Ratchadamnoen Nok Av. 電話0-2281-4205

3.時間 18時30分〜22時30分(火・金・土が休み)

4.料金 リングサイド2000パーツ 2階1500バーツ 3階1000バーツ

迫力ある試合を本場のリングで観戦する事ができます。そのルーツは古く、タイ農村での豊穣祈願の際に神に捧げた遊戯から始まり、16世紀には武芸となりました。

f:id:aimale:20200213214523j:plain

いかがでしたでしょうか。3月〜5月は暑季、6月〜10月は雨季、11月〜2月が乾季となっております。

暑気は平均気温が30度、最高気温が40度近くまで上昇し猛暑となる事も多いです。雨季は連日スコールが1時間程降るが晴れてる時間も多いので濡れてもすぐ乾くでしょう。

フライト時間も日本からだと直行便で大体6時間となっており、丁度良いくらいの距離です。今じゃ大人気で本当に行きやすく、楽しさが溢れる国、タイ。今年はタイに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事