これを読めば全て解決!プラド美術館の入館方法や詳細などを紹介

こんにちはHMです。

 

世界でも有名な美術館であるスペインの首都マドリードにあるプラド美術館。プラド美術館には油彩画・彫刻・版画・素描など多くの美術品が納められています。その数約2万点にも達するとゆわれています。 その多さの数から1日で全ての展示物を鑑賞する事は難しいですが、マドリードにきたら是非訪れてほしい美術館でありますので、入館方法などプラド美術館についての詳細を詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プラド美術館

休館日

月曜日・1/1・5/1・12 /25

開館時間〜閉館時間

月曜日〜土曜日 9:00〜19:00  日曜日・祝日 10:00〜19:00

入場料

大人:15€(日本円で約1,800円)

シニア:6€(日本円で約720円)

18歳以下:無料

プラド美術館では閉館2時間前から無料で入館する事ができます。

月曜日〜土曜日の場合 18:00〜20:00 日曜日・祝日の場合:17:00〜19:00の時間は無料で入館はできますが、無料の時間前には並び始める観光客の方が多いので、目安として1時間前には並んでおく事をオススメします。

チケット購入方法

チケットの購入方法は当日券とオンラインの公式ページでの購入の主に2パターンあります。

当日券

プラド美術館の当日チケットの購入方法は当日券は9:50分〜の販売になります。 販売窓口はゴヤの彫刻がある側の地上階での販売されており、列の近くには英語が話せる係員の方がいてるので不安になったなら「Is the ticket office here?」と尋ねるとイイでしょう。

オンラインの公式ページ

オンラインの公式ページでの購入方法は英語バージョンと日本語バージョンの2種類ありますが、日本語バージョンの公式ページでの購入が便利だと思います。

当日券とオンライン公式ページの違い

当日券とオンライン公式ページの違いはオンライン公式ページでチケットを購入すると0,5€の手数料がかかり、予約日の指定は必要になります。ただし24時間前ならキャンセルも可能です。

現地の方から当日券の購入が不安の方ならオンラインの公式ページでのオススメしますが、基本当日券でなんの問題もなく入館できると思います。

一応下記に英語バージョン日本語バージョンの公式ページのリンクを貼っておきますので参考程度にどうぞ。

プラド美術館公式ページ(英語)

プラド美術館公式ページ(日本語)

プラド美術館内の注意事項

・美術館内での写真撮影は禁止されているのでやめましょう

・美術館内でカフェ以外での飲食も禁止されています

プラド美術館入館してからの一連の流れ

プラド美術館入館

厳重なセキュリティ審査

館内マップで下調べ(日本語◯)

マップが苦手な人はオーディオガイド貸し出しおk(4€)

館内散策+カフェで休憩(カフェ内無料Wi-Fiあり)

退館

 

プラド美術館内のマップは持ち帰りが可能なので、持ち帰って予定を立て別の日に行くとたくさんの美術品をもっと鑑賞する事ができると思います。

プラド美術館のアクセス方法

市バス

市バスでのアクセスも可能ですが、少々複雑なので初見でのアクセス方法としてはオススメできません。

地下鉄

一般的なアクセス手段としては地下鉄の利用がオススメです。 地下鉄2号線 バンコ・デ・エスパーニャ駅、アトーチャ・レンフェ駅から徒歩10分弱ほどで到着する事ができます。

オススメはバンコ・デ・エスパーニャ駅で、出入口は合計4つありますが、緑色の表示の壁掛けをまず探してみてください。 Museos=>」スペイン語で博物館の意味です。

表示の矢印にしたがって進んでいくと左右両手に階段があるので右側の階段を上がっていくとシベレ広場という噴水がある広場に出るので、大通りがある並木道を歩いて進んでいくとプラド美術館に到着します。

まとめ

プラド美術館の入館方法やその他の知っていて得する情報を紹介しました。 簡潔にまとめますと、チケットはオンラインが簡単・交通手段は地下鉄が便利・館内で迷う事はないけどルールはしっかり守ろう!です。

海外旅行初心者の方でも比較的安全で観光できる場所なので機会があればプラド美術館に訪れてみてはいかがででしょうか? 以上です。ありがとうございました〜。

スポンサーリンク
おすすめの記事