世界最大級の観覧車であるシンガポール・フライヤー。圧倒的な高さ、地上165mは42階建てのビルに相当します。直径150m・時速0.76kmで進んでおり、ゴンドラ内では季節に合わせたBGMが流れており、気分を盛り上げてくれます。

スポンサーリンク

シンガポール・フライヤー

・360度の大パノラマ圧巻の高さからシンガポールを眺める!

2008年にオープンした大観覧車「シンガポール・フライヤー」。設計は著名な日本人建築家、故黒川紀章氏とシンガポール建築家による合作です。同年7月、風水の教えに則り向きを変更。全面ガラス張りのゴンドラからは、海岸・ビジネス街・マリーナエリアを一望できる様になりました。今では、団体旅行ツアーにも組み込まれ、シンガポールを代表する一大観光スポットに街中が輝く夕方〜夜の乗車にもおすすめです。

混雑時間を避けよう!!

朝方は混む事が多く、昼間や夜を狙うのがベターです。国を守るランドマークから、市内の絶景を楽しむ事ができ、まるで空を飛んでる様な時間が30分間続きます。

日中と夜の景色の違いを楽しもう!!

時間帯によって異なる景色が広がります。時間に余裕がある場合は昼夜どちらも乗車してみて下さい。一度に28名が乗車できるが、予約をすれば貸切も可能です。

【営業時間】8時30分〜22時15分(受付は〜22時)
【アクセス】ブロムナードから徒歩5分
【料金】S$33〜 「休み なし」
  【住所】30 Raffles Ave.

空中遊泳を体験

いざ、空の旅へと出発。大きなゴンドラに揺られながら眺める景色は息を呑む程美しい。高層ビル群の上層と同じ目線で、空中遊泳を楽しんでみよう!!

チケット購入

1階にあるチケットカウンターで購入し、エスカレーターで2階に上ります。

セキュリティチェック

チケットを読み取り機に通して入場をします。荷物はX線検査によるセキュリティチェックを受けます。

展示品を見学

シンガポール・フライヤーのミニチュアやシンガポールの新旧を比較するイラストを鑑賞。

ゴンドラにご対面

展示スペースを通過してエスカレーターを上がると全面ガラス張りのゴンドラが見えます。

グングン上昇

地上が遠ざかりてっぺんまでの15分間。空の旅を支える観覧車の骨組みにも注目です。

頂上に到着

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、マーライオン像、マリーナ湾などの名所が眼下に。

下の景色

地上が近づく下りの時間は、ちょっとゾクゾクします。いかに高い所にいたかを実感できます。

夜景も見逃さない様
観光名所・ビル群による夜の輝きを上空から、ライトアップされたゴンドラを入れて写真を撮影する事ができるので、これは絶景です。

フライヤーグッズ

出口に向かう途中に、シンガポール・フライヤーグッズを販売しているショップがあります。おみやげにも最適なセンスの良い商品が揃っています。

置時計S$22.50、ビックホルダーS$20、スノードームS$25.50
マグネットS$7、キーチェーンS$6.90などがあります。

プレミアム・スカイ・ダイニング

 

ゴンドラ内で食事ができるサービスで観覧車を2周し、雲の上のロマンティックディナーとなっております。その間に4種のコースメニューと素晴らしい眺めを楽しめます。特別な人と行くと最高のムードになるので、しっかり事前予約をしましょう。

【営業時間】19時30分〜、20時30分〜

【料金】S$269(2名) 休みなし

まとめ

いかがでしたでしょうか。一度は乗ってみたいと思わせるシンガポール・フライヤー。近代的景色を上から見下ろすと一体どの様に見えるのでしょうか。また、時間帯も重要で明るい時と暗い時で全く違う景色となります。どっちも見てみたい方、せっかく来られたので2回共乗りたい方は後悔がない様に乗りましょう。他にも記事をのしているので参考に見て下さい!!

スポンサーリンク
おすすめの記事