世界でも珍しいナイトサファリ、川がテーマのリバーサファリ、動物たちの楽園と言われるシンガポール動物園、3つの個性豊かなパークを攻略してみよう。

スポンサーリンク

シンガポール動物園

ホワイトタイガー、チーターなど豪華な動物達が一堂に会する動物園。檻や柵を一切廃しているため、動物達の生き生きとした姿を観察する事ができます。

 

朝食をオランウータンと共に味わえる「ジャングル・ブレックファースト」などのイベントはもちろん、昼行性の動物が多いシンガポール動物園をまず訪れよう!!

リバーサファリ

2014年に全面オープンした、世界の大河をテーマにした新感覚の動物園。ジャイアントパンダはもちろん、愛くるしい姿のレッサーパンダ、珍しい淡水生物にも注目したい。

 

スコールが降りやすい夕方前も、順路の殆どに屋根があるので安心して過ごせます。可愛いパンダグッズは買い逃しなく。

ナイトサファリ

夜のみ開園する探検型動物園。トラムに乗って、時には自分達だけで歩いて夜のジャングルを探検し、夜行性の動物達の野生に近い姿を観察する事ができます。

 

日が沈んだらクライマックスのサファリへ。少し早めに入園し、受付で日本語トラムの予約をしてから夕食を摂り、ジャングルへ探検しよう。

チケットガイド

到着したら、まずは必要なチケットを購入しよう。複数のパークを訪れたい場合、パークホッケーと呼ばれる共通チケットを利用すれば、よりお得に楽しむ事ができます。

■単独チケット

大人 子供
リバーサファリ S$32 S$21
ナイトサファリ S$45 S$30
シンガポール動物園 S$33 S$22

■共通チケット

大人 子供
リバーサファリ+ナイトサファリ S$59 S$39
ナイトサファリ+シンガポール動物園 S$59 S$39
リバーサファリ+シンガポール動物園 S$49 S$29
4園共通(3園+ジュロン・バード・パーク) S$69 S$49

アクセスガイド

市内中心部からは少し離れた位置にある動物園エリアです。人数、予算に合った交通手段を利用してみましょう!!

シャトルバス

オーチャード・ロード周辺の各ホテルから乗車でき、動物園エリアまで乗換えなしで向かえるので便利です。片道S$6だが、市内を大きく周回する為、所要約1時間かかります。

※時間やルート変更が多いので、事前チェックをしましょう。

【問い合わせ先】SAEX   電話番号 6753-0506

タクシー

マリーナエリアから約30分。S$25〜30程度。少々値段は張るが、大人数で割れば気にする事はありません。ナイトサファリの時間に合わせて夕方に出発する場合はタクシーが捕まりにくく、中心部の道路も渋滞するので、余裕をもって出発しましょう。

日本では味わえない夜のジャングル

・スリル溢れる夜のジャングル!

熱帯ジャングルに迷い込んだような園内では、アジアをはじめ、アフリカ・南米などに生息する137種・2500頭もの動物が飼育されております。動物達は生息地別に7つエリアに分けられており、トラムに乗り見学するコース、4つのトレイル全長2.8kmを歩いて歩くコースがあります。

ナイトサファリ5つの心得
・上手に写真を撮るのは至難の技。目に焼き付けよう。
・園内でのフラッシュ撮影は厳禁。
・トラム乗車中は手足を車両の外に出さない。
・夢中で動物を追い、他の歩行者・トラムと衝突しない。
・ヘビ・サソリに遭遇した場合、スタッフに連絡。

ナイトサファリを楽しむコツ

入口で日本語パンフレットをゲットする事ができ、トラムを予約したら、ショーの時間を確認してから食事を摂ろう。特に、トライバル・ショーとアニマルショーは必見なので、予定に組み込んで見るべき。その後、トラムを利用して園内を1周しサファリの雰囲気に慣れてから各トレイルを散策するのがおすすめです。園内は暗く、道を覚えにくいので、子供から目を離さないように注意しましょう。落とし物にも要注意。

ナイトサファリ攻略テクニック

現地発着のツアーが便利!
園内は広いので、日本語案内付きのトラムに乗って巡るJTBシンガポールの現地発着ツアーが便利です。日本語トラムを利用するので、動物の解説もわかりやすいです。ビュッフェスタイルの夕食付きでマイパスから申し込むと更にナイトサファリのプチギフトが貰える嬉しいサービスもあります。

日本語トラム利用(ナイトサファリ観光)

【最小催行人数】1人
  【出発時間】17時頃
  【所要時間】約5時間(17時〜22時)
    【食事】夕食(インターナショナルビュッフェ)付き
※夕食なしのプランもあります。
    【料金】夕食付きS$125(子供S$48)「料金変動あり」

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本の動物園と海外の動物園は全く違い、動物園好きにはたまらない所だと思います。日本では絶対見れない動物を見れるとテンションが上がっちゃいますよね。好きな動物に会いに、シンガポールの動物園に行ってみてはいかがでしょうか。他の記事もありますので良かったら見て下さい!!
スポンサーリンク
おすすめの記事