海だけじゃない!?白浜の温泉事情やオススメの宿などを紹介!!

1350年あまりの歴史を誇る白浜温泉は、「牟婁の温湯」「紀の温湯」の名で万葉集や日本書紀にも記載されている日本三古泉の1つとなっております。かつて斉明、天智、持統、文武天皇をはじめ多くの宮人たちが訪れたとされ、南紀最大のリゾート温泉として人気が高いです。

 

ナトリウムを含んだ炭酸水素塩泉は美人の湯として定評があり、ホテル、旅館、崎の湯をはじめとする外湯、足湯などで楽しめます。太平洋に面した温泉街で、潮の恵みを受けた海鮮グルメを堪能する事ができます。

 

リゾート温泉が味わえるオススメの宿と白浜にきたら是非立ち寄りたいスポットをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

・夕日が綺麗なホテルの絶景露天風呂

 

白浜「ホテルシーモア」が18年3月にリニューアルしました。足湯など自由に使える他、温泉の日帰り利用もOK。目の前に海が広がる露天風呂「三段の湯」からに景色は白浜随一の絶景です。「いけす円座」「by the ocean」の館内の飲食店を利用すると日帰り入浴料が半額となります。

 

絶景の温泉&レストラン&ホテル丸ごとリゾート!!
  1. 「三段の湯」などの温泉はもちろん「いけす円座」からも太平洋の景色が楽しめます。太平洋に臨む無料の足湯、ショップなども充実しておりホテル全体がリゾートのような雰囲気で自由に使えるのが嬉しいです。
  2. ホテルに併設する海鮮レストラン「いけす円座」。地元漁港で水揚げされた鮮魚が味わう事ができ、お酒を飲みくつろぐ事も。
  3. 温泉入口には国内外メーカーの10種のシャンパンが揃うシャンプーバー。
  4. 夕日を望めるインフィニティ足湯やベーカリー。
コスパ最強!日帰りプラン。
鯛の活け作りにアワビの陶板焼きなどがセットの御膳。食事利用でホテルの入浴料が1,000(税込)がなんと半額の500(税込)に!!
※いけす円座の潮騒御膳5,500(税込)+入浴料半額500(税込)
11時30分〜14時30分(LO14時)、17時30分〜22時(LO21時30分)❇︎利用は2人前より
  1. 住所       ・西牟婁郡白浜町白浜1821
  2. 日帰り入浴    ・12時〜20時(最終受付)休みなし
  3. 料金       ・1,000円(税込)
  4. 駐車場      ・50台(無料)
  5. 電話番号     ・0739-43-1000

田辺市立美術館

 

・文人画と近代絵画の名作を鑑賞

 

田辺湾を一望する新庄総合公園にある美術館。日本近世の文人画、近代絵画の名作など貴重な作品を約1,300点所蔵&展示する。3月22日まで特別展「岸田劉生展一写実から、写意へー」を開催中。

 

  1. 住所       ・田辺市たきない町24-43
  2. 営業時間     ・10時〜17時(最終入館16時30分)
  3. 定休日      ・月(祝の場合翌日)
  4. 料金       ・260円(税込)18歳未満、学生は無料
  5. 駐車場      ・50台(無料)
  6. 電話番号     ・0739-24-3770

三段壁洞窟

 

・三段壁の神秘的な洞窟を探検

 

高さ約60mの絶壁の三段壁。その岩層深くに熊野水軍が船を隠したと言う伝説が残る洞窟が広がる。約200mに及ぶ通路に熊野水軍の番所小屋などを再現。洞窟に押し寄せる荒々しい波も見もの。

 

  1. 住所       ・西牟婁郡白浜町白浜2927-52
  2. 営業時間     ・8時〜17時(最終受付16時50分)
  3. 料金       ・1,300円(税込) 休みなし
  4. 駐車場      ・30台(無料)
  5. 電話番号     ・0739-42-4495

福菱 Kagerou Cafe

 

・名菓のカフェで生かげろうを!!


「かげろう」などの白浜銘菓の「福菱」直営のカフェ。福菱のスイーツや約40種のドリンクを海辺のテラスなどで味わえます。生クリームを使った生かげろうの本店&カフェ限定のスイーツも要チェック。

 

  1. 住所       ・西牟婁郡白浜町1279-3
  2. 営業時間     ・8時〜18時(LOフード17時、ドリンク17時30分)
  3. 定休日      ・なし(50席)駐車場は20台(無料)
  4. 電話番号     ・0739-42-3129

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟

 

・大パノラマが広がる岬の宿

 

この投稿をInstagramで見る

 

【“岬で過ごす醍醐味”を体感】 太平洋に臨む岬の先端に建ち、宿そのものが大海原を行く舟のような「 #海舟 」。 シンボル「浜千鳥の湯」をはじめ、滞在中のあらゆるシーンで海を味わい尽くす、非日常の船旅へとお連れします✨ 海を漂うような滞在で、贅沢な休日をお過ごしください。 ーーー <お風呂> お風呂では、海を眺めながらの至福の湯浴みを。 中でも海辺の最も近くにある混浴露天風呂「浜千鳥の湯」では、まるで大海原を漂うような開放感で源泉をお愉しみいただけます ⋆ お湯の温もりを纏いながら水平線を眺め、心身ともにリラックスできる癒しのひとときをご満喫ください。 ーーー <お部屋> 海が一望できる客室を各種ご用意。 眺めも設えも贅沢な離れなど、各お部屋で海と向かい合いながらおくつろぎいただけます☀ 岬の宿ならではの、一期一会の風景をお愉しみください ーーー <お食事> 黒潮がもたらす海の幸や、豊かな山林が育む山の幸が豊富な紀州 そんな紀州のご馳走を、絶景とともにお愉しみいただけるのが「 #海舟 」でのお食事の醍醐味。 夕食は季節の趣好会席と舟盛り会席で、朝食はバイキング形式でご堪能ください⑅*॰ॱ ※#浜千鳥の湯海舟 では、新型コロナウィルス対策の一環として2020年4月1日(水)より、朝食内容を和定食に変更させていただいております(対応終了日は未定)。 ーーー ◆施設名 #浜千鳥の湯海舟 (和歌山 / 南紀白浜) ◆住所 〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1698-1 ◆ご予約 お電話(0739-82-2220)もしくは、@kyoritsu.resort プロフィールページのURL(共立リゾート公式サイト)からお願いいたします。

共立リゾート(共立メンテナンス)(@kyoritsu.resort)がシェアした投稿 -

 

太平洋に臨む岬に立つ温泉宿。舟盛りと絶景露天で紀州を満喫する事ができます。最大6時間滞在可能な日帰りプランでは、海景色の混浴露天風呂「浜千鳥の湯」、2つの源泉がかけ流しの大浴場「海つばき」の風呂が利用する事ができます

住所       ・西牟婁郡白浜町1698-1

日帰り入浴    ・15時〜21時(休みなし)6月は休館予定!

駐車場      ・80台(無料)日帰り入浴は要問い合わせ!

 

いかがでしたでしょうか。白浜は海も綺麗で、温泉もあり、海鮮など美味しい食べ物がたくさんございます。宿泊する宿はリラックスするところがいいですよね。 白浜は海が近く潮の香りもリゾート地のような雰囲気も味わうこともできるので白浜に旅するのも一興だと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事