長野・善光寺のオススメの参拝コースはこれを見れば間違いなし!

こんにちはHMです。

 

全国から年間約600万人の人が訪れる善光寺。「遠くとも一度は詣れ善光寺」と言われ、多くの人々の篤い信仰を集め続ける善光寺。 約1400年の歴史を誇る古刹です。

現在は「パワースポット」としても名を馳せており、境内や門前町の楽しみ方など善光寺の参拝コースや善光寺のアクセス方法など分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

善光寺の豆知識

1誰もみた事がない御本尊
2女性を初め全ての人を受け入れる無宗派
3毎朝、功徳を授かるチャンスがある
誰もみた事がない御本尊

御本尊の一光三尊阿弥陀如来は、欽明天皇13年(552)に百済から日本へ渡ってきた最初の仏像と言われている。 白雉5年(654)以来の絶対秘仏で、鎌倉時代に御本尊の身代わりとして「前立本尊」が作られ、数え年で7年に一度、御開帳される。

女性を初め全ての人の受け入れる無宗派

善光寺は日本仏像の諸宗派が形成される前から存在するため、特定の宗派に属さない(現在は天台宗と浄土宗の僧侶が護持しており、毎朝の法要も両宗派の作法で行われている)。 また女人禁制の寺社が多かった時代から、積極的に女性に門戸を開いてきた寺としても知られている。

毎朝、功徳を授かるチャンスがある

日の出とともに、善光寺を護持する全僧侶が本堂で執り行う法要を「お朝事」といい、一般の参拝者も参列できる。 また、お朝事の前後に、本堂を往復する法要の導師を務める住職が、参拝者の頭を数珠で撫でる儀式が「お数珠頂戴」と呼ばれています。

善光寺までのアクセス方法

電車でのアクセス方法

長野電鉄長野駅→権堂駅→善光寺(到着)

バスでのアクセス方法

アルビコ交通バス長野駅→花の小路→善光寺大門→善光寺西→善光寺北(到着)

車でのアクセス方法

長野IC→35・117号線経由→長野駅(約8km)→32号線経由→善光寺(約3km)

【王道】善光寺参拝コース

1・仁王門

門の左右に彫刻家・高村光雲とその弟子・米原雲海作の仁王像が立っていて、阿形と吽形通常と配置とは逆になっているのが善光寺の仁王門の最大の特徴です。

2・山門(三門)

現存する国内最大の栩葺建造物。 一周する山門廻廊からは本堂を見渡す事ができます。

料金山間拝観料 500円

時間9時〜16時

3・本堂

江戸中期を代表する仏教建築は高さ約29m。 間口が広く奥行きが浅い寺が多いなか、間口約24mに対し奥行きが約54mもある。

※内陣と内々陣のお戒壇巡りには内陣券(500円)が必要で、本堂正面右手の発券機や本堂前と本堂手前右手の授与品所で購入する。 山間拝観と経蔵拝観も可能な共通券も購入可能(1000円)

本堂の内部

本堂の内部は外陣内陣内々陣の3つに分かれていて、絶対秘仏の御本尊は内々陣の最も奥に安置されているみたいです。

内陣

かつて信者が泊まり祈った場所

参拝者がお参りするところでもあり約150畳敷きの広々とした空間。 御本尊にお参りするならば、正面より左側に座りましょう!

外陣

触れるだけでも病が治る? 撫仏

外陣の右側には撫仏のびんする尊者があり、自分の体の悪い部分と同じ部分を撫でると神通力にあやかれ、病気が治ると信仰があります。

内々陣

絶対秘仏の御本尊が祀られる場所

通常、参拝では入ることはできませんが、お朝事の30分ほど前に申し込むと、中に入ってお経をあげてもらうこともできます(3000円)

4・日本忠霊殿

前面三重の塔様式の礼拝堂と、3階建ての霊碑堂からなり、高さは42.5mもあり、戊辰戦争以降の240万余柱の英霊を祀る。 日本唯一の仏式霊廊だ。 1階には資料館も併設しています。

※金網越しにしか見られない仁王像門の原型が間近で見る事ができます。 (9時〜16時)

5・経蔵

宝暦9年(1759)建立の乗用文化財。 隅楝が全ての屋根の頂点に集まった四つ楝宝形造。 一切経を納めた内部の書庫(輪蔵)を回すことで、一切経全てを読んだのと同じ功徳を得られるといわれている。 経蔵拝観料300円。

6・歴代回向柱納所

御開帳終了後に移動され、前回の御開帳で立てられた回向柱には触れることも可能です。 古いものほど短く、土に還っているのがよくわかるのでチェックしてみよう!

7・鐘楼

南無阿弥陀仏の文字数にちなみ6本の柱で建てられています。 梵鐘は10〜16時の毎正時に撞かれ、「日本の音風景100選」に選ばれたこともある鐘楼です。

8・授与品所

お守りや数珠などがいただけるほかに、お線香や絵馬の授与など、ご供養の申込み、ご朱印の受付もここでしています。

※縁結びのお守り(600円)が特に人気です!

9・ぬれ仏・六地蔵

現在地に移転後に露座になった延命地蔵尊(ぬれ仏)としても信仰される六地蔵は、人々の苦しみを救う事がされていると継がれています。

まとめ

善光寺のオススメの参拝コースを紹介しました。 善光寺は長野県でも自然豊かな場所にあるので、参拝なしがら空気が美味しいのも魅力の一つと思っています。 興味があった方やこれから「行ってみたい」と感じていただければ旅行好きとしても嬉しいです。 ではみなさん良い旅を〜!

スポンサーリンク
おすすめの記事