マカオから香港・国の文化の違いと基礎知識

マカオから香港への小旅行を楽しむ為の案内と国の文化を紹介しようと思います。アクセスもしやすくフェリーで行くのが最適です。約1時間程で行けるので効率良く香港を満喫する事ができます。毎日多数の船が運航しており行き先、時間などに応じて使い分ける事ができるのですごく便利です。

 

スポンサーリンク

ビザ

90日以内の観光ならばビザは免除されます。ただし、出国の航空券または乗船券が必要です。旅券の残存期間は滞在が1ヶ月以内の場合は入国時1ヶ月+滞在日数以上、1ヶ月以上滞在する場合、入国時3ヶ月以上必要となります。

通貨

香港の通貨単位は香港ドル(文書ではHK$と表記)と香港セント(HK¢100=HK $1)。HK $1=約14円(2020年4月現在)マカオの通貨パタカは香港では使用する事ができないので要注意!!

気候と服装

春(3〜5月中旬)の気温は17〜27℃と気温差が激しいですが、湿度が80%と多湿期。夏(5月下旬〜9月中旬)の平均気温は26〜33℃で、湿度がなんと90%以上。大変蒸し暑い環境なので熱中症に気をつけて頂きたい。7〜9月は台風シーズンとなっており、秋(9月下旬〜12月上旬)は晴れた日が多く、平均気温が18〜20℃で湿度も70%くらいなので過ごしやすくなっております。春・秋は雨の日や夜間の寒さ対策、夏は冷房対策の為に長袖や羽織る物を持って行くのが良いと思われます。冬(12月中旬〜2月下旬)の気温は14〜18℃前後で湿度70%くらいで蒸す感じではないが、霧や雨の日が多くなっております。寒い日に備えてコートやジャンバーなどの用意も忘れないように。

時差

日本との時差は1時間で香港が1時間遅れています。マカオとは同じで、サマータイムはないです。

言語

公用語は中国語と英語です。日常会話のほとんどが公東語で、北京語・上海語は少数派です。ホテル、ブランド店、有名レストランは英語が通じ、高級ホテルは日本語を話せるスタッフが多くいます。

トイレ

ホテルや大きいショッピングセンターのトイレを使うのが清潔で便利です。ただ、チップ(HK $1〜2)が必要な場合があります。街中の公衆トイレは少なく、トイレットペーパーがない事があるので要注意。雑居ビルのトイレは鍵がかかっている事が多く、この場合アメリカのように店の人に借りる事が一般的となっております。

チップ

ホテルでポーターに荷物を運んでもらった場合やルームサービスを頼んだ場合、ハウス・キーパーにはHK$5〜10を渡します。レストランではサービス料(10%)が含まれている場合があり、基本的にはチップ不要で、おつりの小銭を心付けにします。含まれていない時は10%程度のチップを渡してあげましょう。

飲用水

香港の水道水は洗顔などには使えるが、飲料水としては適していません。飲料用のミネラルウォーターを買いそれを飲むように。

f:id:aimale:20200331224806j:plain

・ターボ・ジェット (噴射飛航)

マカオ・フェリー・ターミナル(半島東部)から発着するマカオー香港間を結ぶ高速双体船で路線が3つあります。香港・上環の香港・マカオ・フェリー・ターミナル行きは24時間運航で、7時〜23時59分の間(24時〜は夜行便)は15分間隔で便数が多くあります。所要時間は約1時間です。エコノミークラスHK$140〜(復路はHK$151〜)。尖沙咀の香港・チャイナ・フェリーターミナル行きは、7時〜22時30分までの30分間隔で運行しております。所要時間は約1時間でエコノミークラスはHK$139〜(復路はHK$151〜)。この他には香港国際空港から行くフェリーがあります。料金は週末や夜行、座席等級などで異なっております。

・コタイ・ジェット(金光飛航)

タイパ北部のタイパ・フェリー・ターミナルから発着する高速双体船で、ターボ・ジェットと同様の3路線を運航しています。上環の香港・マカオ・フェリー・ターミナル行きは7時〜翌3時の間(18時〜は夜行便)になり30分〜120分間隔で運航しています。所要時間は約1時間で料金はエコノミークラスでHK$141〜(復路はHK$151〜)

 ・おトクなチケットを使いこなす方法

滞在が長期になる場合は、香港のほとんど全ての交通機関(MTR、バス、スター、フェリー)で利用する事ができます。プリペイド式のオクトパス・カードが便利です。最初の購入時にはHK$150が必要ですがこのうちHK$50はカードのデポジット代になります。カード返却時には払い戻してくれます。実際に使える金額はHK$100で、残り少なくなったら地下鉄駅などにある自動加算機、有人ブースでチャージする事ができます。(HK$50〜)。エアポード・エクスプレス片道と3日間地下鉄乗り放題の「エアポート・エクスプレス・トラベル・パス」HK$220や地下鉄が1日24時間乗り放題の「ツーリスト・デイ・パス」HK$55などの特別チケットも上手に利用すれば満喫できるでしょう。

f:id:aimale:20200331224913j:plain

いかがでしたでしょうか。マカオから香港には簡単に行く事ができ、全く違った文化と雰囲気があります。気軽に行く事ができますので、ぜひ行ってみて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事