縁結びの神・出雲大社の歩き方

出雲大社は島根県の中東部にあり縁結びの神様として、とても有名で恋愛成就のパワースポットとして人気を集めいて、 縁結びと聞いて「恋愛」を思い浮かぶ人が多いですが、仕事関係や友人関係の縁も含まれています。

出雲大社「いずもたいしゃ」と呼ばれることが一般的ですが正式名称は「いずもおおやしろ」と呼ばれています。

2015年に60年に1度行われた神社の修理の記念に作られた60年間使用していた木材を紙に包んだ縁結びのお守りが有名です。

 

スポンサーリンク

出雲大社の魅力

f:id:aimale:20190719172212j:plain

出雲大社のお参りはまず本殿をお参りした後反時計周りに進み格ご社殿を回ることが正式な参拝順序になっています。 歴史が残る出雲神社でのお参りの作法は「2礼•4拍手•1礼」が慣しではありますがご自身の参拝方法でも問題はありません。

出雲大社のご社殿を周っていくと松並木の参道が銅の鳥居の手前まで続いています。道の中心は「神様の通り道」とゆわれていますのでなるべく左右に寄り歩くことをオススメします。

銅の鳥居は日本最古の青銅の鳥居で国指定重要文化財にも登録されているので、鳥居をくぐり心身ともに清めましょう。 銅の鳥居の左手には神馬と神牛があり神馬には安産祈願にもいいみたいなので神馬を撫でてみましょう。※よく撫でられてるいる所は色が薄くなっているのですぐわかると思います。笑

銅の鳥居を抜けると大国主大神が私たちの目を引きつけられます。 大国主大神では良縁祈願や良縁成就などの御祈祷してもらえるのできた機会に1度してみてはいかがですか?

御本殿は国宝に指定されていますし、ご参拝後にはおみくじを引いてみましょう! 出雲大社では吉・凶が書かれてはいなので気分良く出雲大社を後にしましょう。

その他にも東十九社や西十九社といった重要文化財などもあるので参拝してみてください。

出雲大社のアクセス

f:id:aimale:20200313071128j:plain

新幹線でのアクセス方法

東京からの場合

サンライズ出雲と寝台特別急行列車がありますし、新幹線(東京)→岡山駅(特急やくも)→→JR出雲市駅→一畑バス(出雲大社行き)25分ほどで到着します。

大阪方面の場合

京都駅(新幹線)・新大阪駅(新幹線)→岡山駅(特急やくも)→JR出雲市駅→一畑バス(出雲大社行き)25分ほどで到着します。

博多方面の場合

博多駅(新幹線)→岡山駅(特急やくも)・新山口駅(特急スーパーおき)→JR出雲市駅→一畑バス(出雲大社行き)25分ほどで到着します

飛行機のアクセス方法

東京・名古屋(小牧)・大阪(伊丹)・福岡→出雲縁結び空港→空港連絡バス→JR出雲市駅→一畑バス(出雲大社行き)25分ほどで到着します。

出雲大社の食事

 

出雲大社周辺では名物の「出雲そば」が鉄板だと思います。 出雲では日本ぜんざい学会壱号店があり、「縁むすびぜんざい」など甘く忘れられない味になっています。甘味処は神門通り沿いにありますが行列ができているのですぐにわかると思います。

まとめ

出雲大社は古い歴史のある神社ですし、 他では味わうことのできない独特な雰囲気を味わうことができます。 少し歴史の勉強をして見るのも趣もありますし楽しみ方はいろいろあると思うので機会があれば是非訪れてみてみよう!

スポンサーリンク
おすすめの記事