インドネシアの楽園と言われる【ビンタン島】ってどんな所?

シンガポールから南東約45km。インドネシア領の沖合に浮かぶ島でその中でも北部一帯に広がるビンタン・リゾートエリアにはコバルトブルーの海とホワイトサンドビーチが広がり、マリンスポーツ・ゴルフ・スパなど理想的なリゾートライフが満喫できます。

ではインドネシアの楽園「ビンタン島」ってどんな所なのかを詳しくまとめた物を紹介します。

スポンサーリンク

ビンタン島

・大自然の景観に溢れた注目のビーチリゾート!

ビンタン島は、インドネシアのリアウ群島の中で最大の島。面積は約1075㎢で、沖縄本島より僅かに小さく、周囲は珊瑚礁の海で囲まれています。年間の平均気温は約26℃で、ベストシーズンとされるのが6月から9月の乾期。10月から3月は北東モンスーン気候の雨期となります。島の歴史は、15世紀初頭のマラッカ王国の建国に始まり、大航海時代以降はポルトガル・オランダ・イギリスなどの植民地となりました。第二次世界大戦後にインドネシア領となり、1990年代にシンガポールとインドネシア両政府によるリゾート開発プロジェクトが発足。島の北部ビーチ一帯が広大なビンタン・リゾートとして新たな発展を遂げています。島にはマングローブの森を始めとする手つかずの自然が残り、透明度の高い青い海と白い砂浜の海岸が続きます。シンガポールで都市観光・ショップング&グルメを楽しみ、ビンタン島で自然や海を満喫する。シティ&リゾートとして注目のディスティネーションです。

インドネシア基本情報

ビザ

日本国籍を持ち、30日以内の観光目的でインドネシアを訪問する場合、ビザが免除されます。パスポートの残存有効期間6ヶ月以上で連続した空白の査証欄3ページ以上必要。

通貨

インドネシア・ルピア(Rp.)でRp.128=約1円。島内ではシンガポール・ドル(S$)も流通。リゾートホテルではアメリカ・ドル(US$)が使用できる場合もあります。

時差

シンガポールより1時間遅れで、日本との時差は2時間遅れとなります。

シンガポール→ビンタン島

シンガポールから約55分で行けるインドネシアの楽園。シンガポールのタナ・メラ・フェリーターミナルからビンタン島のバンダル・ブンタン・トゥラン・フェリーターミナルまで高速フェリーが運航。時差があるので到着時間に注意。

運賃

エコノミーは往復でS$58、繁忙期S$70。

【エメラルド・クラス】

エメラルド・クラスは往復でS$102、繁忙期S$114。航空機で言うなら「ビジネスクラス」。座席が広く快適で、優先搭乗などの便宜も。船内のサービスも充実しており、「エメラルド・ラウンジ」で寛ぐ事もできます。無料WiFi・コーヒーのサービスがあります。

フェリー運行表

月〜金曜 土・日曜 祝前日・祝日も該当
TMFT発 BBT発 TMFT発 BBT発
9:10 17:00 9:35 17:35 8:10 14:00 8:35 15:35
11:10 20:00 11:35 20:15 9:10 17:00 9:35 17:35
14:00 14:35 11:10 20:00 11:35 20:15
12:10 14:35

※各フェリーの時刻は出発地での時間で最新の時刻表はホームページで。

ラゴイ・ビーチ

・波穏やかなやさしい海!

ホワイトサンドのビーチが続き、背後にはパーム・ツリー、ソテツが生い茂る。自然のままの姿が魅力で、静かな波と海風も心地が良いです。

空から眺めるエア・アドベンチャー
ラゴイ・ベイにあるエア・アドベンチャーズ・フライングクラブ・ビンタンでは、超軽量のエアクラフトで空中遊覧が楽しめます。オープンコックピットの水上飛行はスリル満点。

ビンタン・マングローブ・ディスカバリー・ツアー

この投稿をInstagramで見る

 

Travelling on a Boat yesterday afternnoon, we joined a Wonderful Bintan Mangrove Tour. The Mangrove is Beautiful, we saw a Boa, Banded Krait, Red Mouthed King Fisher and Lizard in the Mangrove, unbelievable! When the sky turns dark, Fireflies and so many Twlinkle Stars appears, waving their hands and welcome us! We enjoyed this Amazing wildlife Discovery Experience so much! 非常精彩美麗的民丹島紅樹林之旅! 下午乘著小船在紅樹林的河流穿梭, 看到蟒蛇, 金腳帶, 大蜥蜴在樹上, 還有飛翔美艶的紅嘴翠鳥 (俗稱魚狗), 令人讚歎不已! 入黑時, 又與營火蟲和閃亮銀河的繁星相遇, 深深感受到大自然的偉大! #mangrove #bintan #indonesia #discovery #boa #bandedkrait #redmouthed #kingfisher #fireflies #twlinklestars #wildlife #enjoyable #amazingexperience #loveit #hkfoodie #greenlover #traveling #familytrip #igdaily #followme #bintanmangrove

Kan Lee(@kanleeyumyum)がシェアした投稿 -

・マングローブの森を探検・ボートで川を遡る!
観光客に一番人気のツアーで、セボン川を遡り、マングローブの森の奥地へとボート・トリップする。海水域で成長し水中で呼吸する根を持つヒルギダマシの木や、汽水域でよく見られるオヒルギなどがうっそりと茂る緑のトンネルを行く。運が良かったら野生の動物に出会う事もあります。夜は蛍を見る事ができるので楽しみだ。
【時間】8時〜19時(※随時出発・所要約60分)
【料金】Rp.38万、子供(3歳以上12歳未満)Rp.25万
最少催行人数:2名(休みなし)

水上集落訪問ツアー

・海と暮らす人々を訪ねて、東海岸まで足を伸ばそう!
島の東部で昔ながらの水上生活を続ける人々の村を訪ねます。海上に突き出す桟橋の上に並ぶ家屋や木造船の作業所、教会などにも立ち寄れます。
【時間】8時30分出発(所要約6時間)
【料金】Rp.64万5000、子供(3歳以上12歳未満)Rp.57万※ランチ付き
最少催行人数:2人(休みなし)

ドラゴン・ツアー

・3つの中国寺院を巡る・中国系移民が暮らす村の寺院へ!
古くから中国人が多く住んだと言う島南部のセンガラ村へ。樹齢約300年にもなるバンヤン・ツリーが祠を抱き込む名所や東南アジア最大と言う金色の観音像を祀るヴィハラ・アヴァロキテスヴァラ寺など、3つの寺院を訪ねます。
【時間】12時30分出発(所要約5時間)
【料金】Rp.55万、子供(3歳以上12歳未満)Rp.47万5000
最少催行人数:2人(休みなし)

まとめ

いかがでしたでしょうか。シンガポールからあっという間に行けるインドネシア。真っ白な砂浜ととてつもなく綺麗な海で日頃のストレスを発散する為に行っても良い島です。爽快な気分を味わい、リラックスしてみてはいかがでしょうか。参考に他にインドネシアの記事も貼っておきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事