こんにちはHMです。

 

日本からあまり海外旅行先として馴染みは少ないカンボジアですが、カンボジアには日本では味わうことのできない風景や世界遺産がたくさんあります。

 

本日はカンボジアの世界遺産で最も有名である、アンコールワットの歴史についてまとめてみました。

スポンサーリンク

華麗なる天上のアートギャラリー

ヒンドゥーの最高神ヴィシュヌと国王を祭る護国寺院
アンコール遺跡群の中でも最大の規模を誇る宗教寺院。1113年に国王に即位したスールヤヴァルマン2世が約30年間かけて造った物で、ヒンドゥー教の神ヴィシュヌに棒げられ、王の死後は王を祭る霊廟となりました。寺院は、幅190mの水を湛えた環濠が南北1.3km、東西1.4kmに渡って取り囲み、全体の面積は約200ha。東京ドーム約15個分の広さを持ち、参道入口から本堂入口までは350m、参道の両側にはナーガ(蛇神)の欄干が続きます。アンコール・ワットの寺院内部はヒンドゥー教の宇宙観によって構成されており、中央部に近づいく程、高くなる設計で、中央の5基の高塔祠堂は須弥山を表し、周壁はヒマラヤの霊峰、環濠は無限の海を象徴しています。建築の特徴は、長い回廊、大階段、高い塔堂、左右対称(シンメトリー)の整然とした美しさにあります。
天界のアート躍動感溢れる、レリーフ芸術の世界
アンコール・ワット最大の魅力と言えば、建物の壁面を埋め尽くす美しい浮き彫り(レリーフ)装飾。クメール宗教美術の完成形をここで見る事ができます。それらのレリーフは塔門の破風、テラス、寺院内の柱、妻部分、壁面など至る所に彫られており、デヴァター、アプラサス、花や葉をモチーフにした物が見られます。そして、一番の見所となるのが本堂内の回廊のレリーフだ。アンコール・ワットは外から内側へ第一、第二、第三と三重の回廊(長方形)があって、それは段々と高くなり、階段で結ばれています。特に第一回廊が見所のハイライト。全長1.5kmに渡り、インド古代叙事詩の「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」、また「天国と地獄」「乳海攪拌」の物語などを題材にしたレリーフが造られ、緻密で生き生きとした様は圧巻です。想像をはるかに超える巨大さと、その神聖なるさまをじっくりと時間をかけて鑑賞しましょう。

鑑賞のポイント

1. クメール建築の集大成を見届けよう!

アンコール王朝における寺院建設は、国を挙げての大切な政でした。建築家、石工たちは常に「もっと美しい寺院」を目指し、試行錯誤を繰り返しながら寺院造りに励んで今した。その集大成とも言えるのがアンコール・ワットです。もっとも国力のあった時代、人々の知恵と努力が注がれたクメール建築の最高傑作をしっかり見ておきましょう。

2. レリーフ鑑賞の心得!

第一回廊の壁面を見る場合、「下段が近景、上段が遠景」を意識しておきましょう。西面の「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」は、北から南へ進むにつれ、ストーリーが展開しています。場面だけを切り取らず、全体の構図も見ておきましょう。また、列柱の表面に彫られた葉文様には小さい神々が一緒に彫り込まれて、パターン化しているのもおもしろいです。

3. 神々の住処を美しく演出するテクニック!

神を祭った神殿はかずあれど、ここまで神へ近づきたいと言う思いが伝わってくる寺院は珍しいです。人をを神の住処へ導く演出も見事となっております。それは、まず参道から始まり、足を進めながら見え隠れする中央祠堂に思いを募らせ、宗教神話で飾られた第一回廊を巡り、階段を上って天へと近づいて行きます。古の人々の豊かな感性にただ、感嘆するだけです。

建設に動因されて人員

巨大な力の集結
16〜45歳までの男性が全国から呼び集められ、仮に1日7時間の労働として考えてみると、石工約3000人、彫工約1500人、建築仕上工約4000人、石材運搬人約1万5000人、補助作業員を含めて約2万5000人が総がかりで約34年かかった事になるそうです。それも全て手作業なので、そういった意識を持ちながら見てみると深みが伝わります。

アンコール・ワットだけが西向きの理由

天文学的な要素
アンコール遺跡郡の多くは東向きだが、アンコール・ワットは西向きとなっております。その理由は「王の墳場だから(ヒンドゥー教では西は死者が行く所と考えられていた為)」と言う説が一般的だが、多くの研究者が「天文学的な要素」を指摘しております。アンコール・ワットに祭られたヴィシュヌは太陽を神格化した神であり、国王スールヤヴァルマンのスールヤは太陽を意味しています。

王朝滅亡のアンコール・ワット

時代により変化
1431年に王朝が滅亡して以来、アンコール・ワットは上座部仏教寺院に変わり、中央祠堂には仏像が安置され、仏教の聖地として存続しました。16世紀半ばには再びカンボジアの王たちにより守られ、1546年から18年間かかって第一回廊の東面東側と北面のレリーフが完成しました。17世紀には近隣諸国から仏教の聖地として参拝者が多く訪れました。

いかがでしたでしょうか。アンコール・ワットの歴史は非常に深く、これを勉強して行った上で、いざ見てみるの更に良さを感じれると思います。行ってみると感動する事間違いなし。何度も行きたいと感じさせられる場所です。

Have you studied the history of Angkor Wat?
In addition to the ruins of Angkor Wat, there are actually many other places to see.
I was really moved when I went here. This is one of the places you definitely want to visit.
Have a nice day today!!!Thank you.
スポンサーリンク
おすすめの記事