東南アジアの中でも近年急速に変化を遂げた街、シェムリアップ。アンコール・ワット観光熱が高まる中、街はどんどん洗練されて居心地の良いヘリテージ・リゾートタウンへと変貌を遂げています。活気に満ち溢れ続けるシェムリアップについて知り尽くそう。

スポンサーリンク

街並みについて

DCIM100GOPROGOPR0847.JPG

・優美なコロニアル建築と多国籍の喧騒が入り交じる街

近年すさまじい勢いで開発が進むシェムリアップは、元々フランスの植民地だった頃の建築を生かした町づくりが魅力です。植民地時代の建物を建て替えたフレンチ・コロニアル建築のホテル、ブティック系リゾートが増えつつあり、優美な風景を作り出しています。また、繁華街にはパブ・ストリート界隅は外国人旅行者向けのバー、レストランが集まり、世界各国から訪れるツーリストで連日大賑わいしております。街の規模も大きすぎず散策しやすくなっております。

・トンレサップ湖の魚と肥沃な土地の恵みを享受

シェムリアップは、豊かな田園と湖や川の恵みに溢れております。米は二期作で、種まきをせずとも田んぼの周りには栄養たっぷりの香草が育ち、街の南側にあるトレンサップ湖には200種以上の魚が棲む。農作物はもちろんの事、淡水魚の種類も豊富です。淡水魚を使用したアモックなどの伝統料理はシェムリアップの代表的なメニューで旅行者にも大人気。街を一歩離れると水牛が草を食むのどかな田園風景が見られるのも大きな魅力です。

市内交通

シェムリアップにはタクシーが存在しなく、町中の移動はトゥクトゥク、バイクタクシー制だが安全性を考えると一番はトゥクトゥクとなっております。料金は交渉となるが、旅行者に対する言い値は通常より高く、トラブルを防止の為、乗車前に料金の確認や種類について勉強しよう。

トゥクトゥク

DCIM100GOPROGOPR1558.JPG

オートバイ4人乗りの座席を取り付けた乗り物で運賃は交渉制。オールド・マーケットまでの料金目安は街北部のホテルからUS$2〜3が目安。国道6号線南のシヴォタ通り周辺からUS$1〜2。深夜は割高になり、1日チャーターはUS$12〜15となっております。

バイクタクシー

DCIM100GOPROGOPR0871.JPG

50ccのバイクの後部座席に客を乗せて走ってくれます。一人旅の時は便利だが、英語、日本語を話す馴れ馴れしい運転手のバイクタクシーは要注意。運賃は交渉制となり、料金目安は1km以内ならR2000。街北部のホテルからオールド・マーケットまではUS$1〜2。1日チャーターはUS$7〜10となります。

レンタサイクル

DCIM100GOPROGOPR0853.JPG

一部のゲストハウス、ホテルで貸し出している所もあるが、街中では「FOR RENT」の看板を出している所で借りられます。ワット・ボー通りでよく見かける事ができます。1日US$2〜のスタートとなり、借りる時はブレーキの効き、タイヤの破れ、空気が入っているか、鍵はかかるかなどしっかり確認をしましょう。

車チャーター

DCIM100GOPROGOPR0848.JPG

半日、1日単位でチャーターができるようになっております。郊外の遺跡を半日回った後、シェムリアップ市内を回ってもらうなど有効的に使う事も。日本語ガイドがセットになっている所が多く、料金の目安は乗用車(2名まで)が4時間US$80、8時間US$160、8人乗りのバン(6名まで)4時間US$130、8時間US$200となっております。

5つ星クラスの高級ホテル

2000年頃からラッフルズなどの高級リゾートが目立ち始め、今ではパーク・ハイアット、ル・メリディアンと言った世界の一流ホテルもお目見え。泊まらなくても楽しめるレストラン、スパを楽しみましょう。カンボジア伝統料理、エスニック、フレンチがあり世界中から訪れる人が増えているので何でも楽しめます。

アプサラ・テラス

・ダンス鑑賞とアジア料理を楽しもう!

カンボジア料理を中心としたアジア料理を楽しめるビュッフェレストラン。曜日限定でダンスショーを開催中。宮廷内で踊られる「レディース・ブーケ」、カンボジア古代の格闘技をアレンジした「ボッカタオ」など6演目を上演しております。

1. 営業時間       ・19時〜22時(開演時間 19時45分)「所要時間 60分」
2. 開演日        ・月・水・金(火・木・土・日は休み)
3. 電話番号       ・063-963-888 (料金 US$39〜)

ソ・スパ

この投稿をInstagramで見る

 

Time out away from all the ‘broken’ and ‘sick’ people in my house #neom #espa #sospa #chill #secretescape #hidingplace

Andrea Reed(@andreacreed)がシェアした投稿 -

・スパフリークも納得のテクニック!

スウェーデン式、クメール式、タイ式を織り交ぜた独自のメニューが魅力的。地元のハーブを使ったトリートメントにも力を入れており、中でもレッド・ジャスミンライスでスクラブするロイヤル・ココナッツ・デライト(US$75/90分)が人気です。

営業時間=10時〜22時   電話番号=063-964-600   休み=なし  男女利用=可

いかがでしたでしょうか。カンボジアは雨季と乾季で全くと言って良い程違うので、11月上旬〜5月中旬(乾季)に行く事をおすすめします。気温はすごく高いので、熱中症にならないように対策をし水分補給をこまめに取るようにしましょう。これで、移動手段と街並みについて完璧ですね。さあ、カンボジア・シェムリアップで満喫しましょう。

This is the perfect means of transportation in Cambodia.
Be careful not to get heatstroke because the temperature is very high.
Why don't you prepare yourself before looking at the ruins?
Have a nice day today!!!Thank you.
スポンサーリンク
おすすめの記事