ベルギーのダイヤモンドの歴史と価値とは一体?

ダイヤモンドは、その瞬間の煌きとピュアな美しさのため、大切な記念日、エンジーゲの贈り物として、現在でも世界中の人々に愛されている特別な宝石になります。そのダイヤモンドの取引の中心として栄えてきたベルギーの歴史背景はどんなものでしょうか。

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの発見!
ダイヤモンドが発見された時期は定かではないが、古代から18世紀初頭にかけて、インドで産出されていたことは明らかになっています。13世紀初頭以来、ヨーロッパとアジアの貿易も盛んになり、インドのダイヤモンドはイタリアのヴェネツィアを経由しブルージュに入りました。
ブルージュの研磨技術!
ダイヤモンドの研磨方法がブルージュの市民によって発明され、ブルージュはダイヤモンド貿易と加工の中心となりました。しかし、ブルージュの運河に泥が堆積し14世紀頃からアントワープに貿易の中心が移り、16世紀になるとアントワープが貿易の拠点として黄金時代を迎えました。1585年、オランダのスペインに対する独立戦争でアントワープはスペイン軍に陥落。熟練した職人達は宗教と市民の自由が保障されていたアムステルダムへと避難。一時、アムステルダムに中心は移るが、18世紀末に南アフリカで大規模な鉱脈が発見され、その原石がアントワープに輸送されることになり、それを樹にダイヤモンドの世界的中心地として名を馳せた。
デザインの質の向上!
現在、アントワープのメトロのディアマンテDiamant(ダイヤモンド)駅、アントロープ中央駅周辺には、1500社以上のダイヤモンド業社のオフィスと4つの取引所が並び、毎年何十億ドルと言う額の取引が行われております。ダイヤモンド加工業者も集まって、取引のみならず、加工の中心でもあります。また、王立美術学院をはじめ、ベルギーの著名な研究機関にはジュエリーデザインの部課があり、デザイン面でも質を上げる努力を日々重ねております。

ダイヤモンドの特徴

ダイヤモンドには、その真正性を証明するとともに、「4C」とも呼ばれる4つの特徴を説明する鑑定書が付けられております。各種研究機関および企業がダイヤモンド鑑定書を発行し、各種検査そのほかのサービスを提供しています。

大きさでなく重さの単位、思いほど価値が上がる(Carat)「カラット 重さ」
カラットはダイヤモンドに重さを表す為の標準重量単位。昔はケラトニア(CERATUNIA)と言う豆粒で重さを量っていた事からカラットの単位が生まれたと言われています。1カラット=0.2g。大きさを示す単位と思われがちだが、あくまでも重さの単位。サイズだけにこだわるのはあまり意味がないが、重いほど価値も上がる。
無色であるほど価値が高いダイヤモンドの重要な要素(color)「カラー 色」
色は、北半球の自然光と同じ人口の光のもとで、基準となるダイヤモンドと比較され、格付けが行われております。ダイヤモンドにとってカラーは重要な要素であり、無色であるほど希少性と価値が高くなります。カラーグレードの違いで価格に大きな違いが生じる事もあります。
ダイヤモンドの美しさを決める完璧を求めて(Clarity)「クラリティ 透明度」
クラリティは透明度の事で、ダイヤモンドの内包物の量やその大きさ、位置、性質、色、見え方などで判断されます。自然光の下で鑑定士がわずかな内包物も見せなかった場合、ルーペ・クリーンLOUPE CLEAN(内部に傷がない物)とされます。最高の物から、LC/IF、VVS1-2、VS1-2、SI1-2、P1-3で表示します。全く傷がない物はフローレスと呼ばれ、珍重されております。
ダイヤモンドの輝きは研磨技術の高さで決まる(CUT)「カット 研磨」
国際鑑定書には、カットの詳細な比率(傾斜角度、各部分間の比率)、主に対象偏差に関わる仕上げ、面の位置付けなどが記憶されます。カットはダイヤモンドの輝きをもたらす大切な要素で、面が正しく記憶され、カットされていないと美しい輝きは生まれません。ダイヤモンドの形(SHAPE)=カットの種類は、BRILLANT、OVAL、MARQUISE、PEAR、HEART、PRINCESSの6種類あります。ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出す形は58面のラウンド・ブリリアント・カットと言われています。上から入る光が屈折反射して上部から出て行く為、輝きが美しくなっております。

ダイヤモンドハウス

・100年以上の歴史と文化を今に伝える!

ブルージュで受け継がれてきた老舗のダイヤモンド商で、博物館も設立。マルクト広場近くの店では、文化財登録もされています。16世紀初頭の建物を改装した高級感溢れるサロンでゆっくりと買い物が楽しめます。価格の幅も広く、多彩なアイテムがショーケースに並んでおります。

1. 住所      ・Cordoeaniersstr. 5

2. 営業時間    ・10時〜18時      「電話番号 050-344160」

3. アクセス    ・マルクト広場から徒歩1分   「休み なし」

ダイヤモンドハウス2号店

・ダイヤモンド博物館併設のショップ!

ブルージュ、ダイヤモンド博物館の右側に隣接しているダイヤモンドハウス2号店。自社工房で研磨されたダイヤモンドは高品質と定評があり、全て鑑定書が付けられております。デザインもクラシックな物からモダンな物まで豊富に揃っております。

1. 住所      ・Katelijnestr.43

2. 営業時間    ・10時〜18時      「電話番号 050-336433」

3. アクセス    ・ブルージュ駅から徒歩10分   「休み なし」

ブルージュ・ダイヤモンド博物館

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブリュッセルから約1時間で#おとぎの国 、#ブルージュ に到着。 ここでの移動手段は#馬車 と#船 時間が止まったようなこの風景は非現実空間以外の何ものでもない。 #ダイヤモンド博物館 にて研磨作業の見学と歴史のお勉強。 #ダイヤモンド といえば、アントワープというイメージだったけど、現在の研磨技術は15世紀にブルージュで生まれ、後にアントワープに拠点を移したのだとか。 オランダもベルギーもどこに行くにも何故か列車の中に新聞が置いてあるので、移動中は#数独 を解くのに集中。車窓からの景色を眺めれば良かったと後悔もあるけど、右脳と左脳をバランスよく使うよい習慣に。 #勉強になりました #SUDOKU #Brugge #igeurope #visitbelgium #visiteurope #diamond

Matsuura Ayumi(@alyu111)がシェアした投稿 -


・ダイヤモンドの歴史と技術を学ぶ!

ブルージュで始まったとも言われるダイヤモンドの研磨技術は、500年の伝統を持ちます。。その歴史、主な産地、種類、昔の採掘の様子、珍しい形のカットなどダイヤモンドに関する様々な資料を展示し見学する事ができます。また、研磨の工程をひとつずつ説明するデモンストレーションを行っており、基礎知識を踏まえた上で、本物のダイヤモンドを手に取ってみると、美しさもひとしおだ。

1. 住所      ・Katelijnestr.43

2. 営業時間    ・10時30分〜17時30分(休み 1月第2、3週)

3. 料金      ・8€(入場+研磨見学11€、研磨の実演は12時15分、15時15分〜)

4. 電話番号    ・050-342056

いかがでしたでしょうか。このような所に行き、将来の奥様や彼女にプレゼントすると喜びも倍増しそうですね。私もいつかは、ここに訪れて喜ばせてあげるのを目標に毎日ブログの投稿を頑張って行きたいです。

It's a great place to present to a fiance.

I'm sure they'll be happy, and I wanted to do it someday.

It's also worth jewelry, but I think it's worth it if you made or bought it here.

Have a nice day today!!!Thank you.

おすすめの記事