ロシア「シベリア鉄道」に行くまでに知っておきたい心得

未知なる旅行先ロシア。 ロシアはオススメな旅行先としてあまりあげられにくいですよね?

次の長期休暇どこに行こう・・・・ん〜そうだロシアに行こう!!

って中々ならなくないですかね?

それはロシア=寒い・国土が大きいのイメージがどうしても強いと思うんですよね。

まず実際ロシアは夏と冬の気温差が大きいです。夏場の平均気温は25度付近で大変過ごしやすい気温ですが冬場の 平均気温は−12度〜−15度まで下がるので身体の芯まで冷える寒さになります。 ロシアでの人気の観光地であるモスクワやサンクトペテルブルクなどはこの気温帯になります。

でもロシアには世界遺産が26個もある事をご存知でしたか?。 ロシアの事を知って頂こうと本日は莫大な国土を持つロシアを横断することができるシベリア鉄道について執筆していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 シベリア鉄道とは?

ヨーロッパロシアとシベリアを東西に横断するために作られた鉄道の事を言います。 全長はなんと9,297Kmで世界で1番長い鉄道と呼ばれています。首都モスクワから東部にありウラジオストクまでを結ぶ鉄道で到着まで7日間の長旅になります。

鉄道に乗車するための準備

横断するためには7日間もあるのでそれなりの準備をしていかないといけません。

何よりも大事なものはまずビザです。  ビザは東京のロシア大使館で簡単に所得できるのでまずはビザの所得をしましょう。

ビザがないと入国ができません。 現地でなくすと帰れなくなるので注意しよう!!

次に用意するのは乗車券です。 乗車券は現地で当日でも購入する事は可能ですが、事前に購入していく事をオススメします。  当日に買うと時間がなく文字も読めないため多少のパニックになる可能性もあるからです。

客室にも3つのクラスがあります。エコノミークラスソフトクラスハードクラスの3段階に分かれています。ハードクラスで15万前後なので客室は鉄道内で快適に過ごすためにはハードクラスをオススメします。

次に必要な小物用品です。 まずロシアは英語が通じません。 そのためにはロシア語の会話帳を持参していくのもいいですが、荷物にはなるので今は万人が持っているスマホには Google翻訳があるのでインストールして活用しよう!!

鉄道内では食器の貸し出しが可能ですが衛生面のため簡易の食器を持参していきましょう。 決して鉄道内は綺麗といえないのでウェットティシュを持参するのがオススメです。あとはサンダルスマホの充電器を持参していくと比較的快適に過ごせると思います。

こんな人にオススメ

自分探しをしたい!!  ←この一言に尽きます。

人生を歩んでいくうちに楽しいことがあれば悲しいことももちろんあります。 ストレスに感じることも何か嫌なことがあって人に相談しにくいことがありますよね? 皆さんはどのようにしてそんな時解決していますか?

シベリア鉄道列車内からの自然の景観は素晴らしいです。 それと同時に時間を忘れてしまいます。 自然の壮大さを肌で感じることができるんです。 自然を感じ自分自身を見つめ直す時間がたっぷりあります。 もちろん言葉は通じませんが人の温もりも感じれます。

まとめ

シベリア鉄道は個人としていくこともツアーを申し込んでいくことも可能です。 ロシアの言語がわからないので目的地(シベリア鉄道)に到着できるかわからない人はリサーチをしなくてはいけません。(後日まとめるつもりでいてます)

シベリア鉄道の客室は個室の部屋がなく個人で行く方は異国の人が乗車してきますのでツアーでの横断をオススメです。

ロシア人は無口でクールなイメージをお持ちかもわかりませんが気さくに話しかけてくれたりしてくれます。もちろん個人としての時間を尊重してくれますし、 Google翻訳やボディーランゲージを使って仲良くなりより楽しい横断も可能ですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事