マレーシア第2の都市、ジョホールバルってどんな所?

こんにちはHMです。

マレーシアと言えばやはり想像がつくのはクアラルンプール。第二の都市と聞かれると皆さんはわかりますでしょうか。それが今回ご紹介させて頂く、ジョホールバルです。

シンガポールのすぐ横にある都市で日帰りで行かれる方も多いそうです。シンガポール中心部エリアからバスで約30分。橋を越えるだけで簡単に行けるので行ってみたいですよね。

 

 

コーズウェイ橋で結ばれているシンガポールとマレーシア

ジョホールバルでは、マレーシア通貨、リンギットだけでなくシンガポール通貨のシンガポールドルでの支払いにも対応している店もあります。

タクシーとバスが一般的手段となっており、バス乗り場はシンガポールMRTのブギス駅が乗り場の最寄駅でクイーンズストリート沿いに位置しております。

移動時間に関しては手続きもありますので全部で約2時間かかるとみといた方が良いでしょう。

また、マレーシアやシンガポールは年中気温が高い国となっている為車内は冷房がかなり効いている状態となっております。海外あるあるなのですぐ上に羽織れる物を持って行くのをオススメします。

 

皆さん、日本のパスポートは無敵だと知っていましたか。

海外に住んでいる方が色んな国に行く際、国によっては行けない国があります。

日本のパスポートがあれば、ほぼどんな国でも行けるので改めて日本人で良かったなって思えるでしょう。

シンガポールからジョホールバルへ向かう途中で入国審査があります。

現在、出入国カードや税関申告書などの書類は必要なく、入国手続きが簡略化されており国境についてバスを降りると出国手続きのレーンへと並びます。

そして入国審査時、指紋登録があります。センサーの上に指を乗せ、適切に読み取るまで数分時間がかかります。

基本は1人ずつ入国審査を行いますが、家族旅行で小さい子供連れがいる場合は家族でまとめて入国審査を受ける事もできます。

スタンプを押してもらい、税関審査を抜けそしてマレーシアへ入国できます。

 

路線バスを使い国境を越える際は、一度バスをおり入国審査を通過します。

通過した後は再度同じバス会社のバスに乗りジョホールバルへ向かいます。

また、バスの乗り換えもあるかもしれませんのでそれを事前に確認する事をしておいた方が良いと思います。

逆にマレーシアからシンガポールに戻る際は基本的同じ流れになっており、違う点があるとすれば入国カードを記入し提出するくらいです。

バス車内で配布されるか、入国審査エリアに設置されている物を取り準備してから行くのがベストだと思います。

 

日本国籍パスポートを所持の場合は短期での観光ビザは必要ありません。滞在期間3ヶ月以内となり、3ヶ月以上の滞在、または観光以外での入国の場合にはビザが必要となっております。パスポートの残存期間が6ヶ月を下回っている場合は入国できない可能性があるので気をつけて頂きたいです。

 

マレーシアは比較的治安が良く、日本と比較してしまうと犯罪率がどうしても上がってしまいます。人口10万人当たりにに対しての殺人率2倍・強盗率25倍、強姦率7倍。

これを見るだけで日本がどれだけ良い国と言うのがわかりますよね。

特に気をつけて頂きたいのが「強盗

スマホの管理、カバンに対しての管理の仕方、盗まれないような対策をして旅行を楽しむべきだと思います。

それさえ心掛けておけばなんの心配もする事はありません。

私も何度か1人旅をしてきたのでそれは自信を持って言えます。

また、リュックサックは後ろから開けられる危険性が高まるので前にして持つか、ショルダーや手提げを持つのをおすすめします。

 

ジョホールバルの観光したいスポットをいくつかピックアップしてみました。

 

スルダンアブバカールモスク

スルタン王宮博物館

ジョホールバル動物園 

タンジュン・ピアン国立公園

新山華族歴史文物館

マレー民族村

ジョホール・グーミャオ

一応リンク貼っておくので興味のある方はどうぞ→ジョホールバルオススメの観光スポット

シンガポールから行きやすいですし

マレーシアの第二の都市へぜひ行ってみて下さい。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事